HOME > 活動報告一覧 > 名古屋追悼ライブ

活動報告

名古屋追悼ライブ

 11月23日(日)名古屋で4回目となる 築港・心乃叫びの曾さま主催のムコ多糖症支援イベントが開催されました。
「Fist Up From Ciccoh〜YU-KIROCK Forever!!!!〜」

 会場のJBスタジオR23ではスタッフのみなさんと出演アーティストとの入念な打ち合わせとリハーサルが行われ、本番に臨みました。
 熱気溢れる会場の口火を切ったのは、裕樹さんが若頭を務められていた和太鼓高六会。白熱の太鼓の音が響きました。
 会場の注目を集めた子ども和太鼓ユニット100萬ボルト。リーダーの海人くん、志道くんと共にムコ多糖症況心擬圓涼羂耆圓睇饌罎卜ちました。子供たち3人は、裕樹さんへの思いとムコ多糖症支援のために天に向かって一人づつ「ヤーッ」と叫びました。

高六会のみなさんによる力強い和太鼓
高六会のみなさんによる力強い和太鼓
100萬ボルト左から耀・海人くん・志道くん
100萬ボルト左から耀・海人くん・志道くん

 裕樹さんの先輩や同級生で結成されているバンド7's MARKET。リーダーは、裕樹さんに勧められて出来たCDが手元に届いた日に、訃報を聞かれたそうです。深い悲しみを支援の力に変えて、裕樹さんの志を胸にこれからも支援を続けていかれることを話されました。
 会場には、裕樹さんのご家族も来られて、築港のみなさんの演奏に裕樹さんの姿を重ねておられるようでした。

7‘s MARKETのみなさん
7‘s MARKETのみなさん
故加藤裕樹さんのご家族
故加藤裕樹さんのご家族

 そして、裕樹さんもメンバーの一人で、アーティストとしての才能をボーカルやサックスで余すことなく発揮されていたFuck`in Boys 365。裕樹さんの親友である岡田剛志さんは、決してメンバーは欠けていない、気持ちはいつもU-KIROCKと一緒だと語り、ステージと会場がひとつなり大きなうねりが起こりました。
 ライブのとりと飾るのは、築港の岡旦那こと岡田宏治さんがリーダーであり、裕樹さんもメンバーであったCICCOH Reversal 2Point
大人も子ども一体となり、名古屋在住のムコ多糖症況心擬圈仝電椎郢覆気鵑皸貊錣剖びました。

Fuck`in Boys365のみなさん、会場が揺れ始めました
Fuck`in Boys365のみなさん、
会場が揺れ始めました
大人も子どももひとつになり最高のクライマックスを迎えました
大人も子どももひとつになり
最高のクライマックスを迎えました

 名古屋築港のみなさま、去年に引き続き、今年も変わらないムコ多糖症支援活動をして頂き心から感謝申し上げます。そしてまだ治療薬が無く、病気の進行を見守ることしかできないムコ多糖症祁拭この研究者へ「裕樹さん奨学金」をご寄付してくださいました 故加藤裕樹さんのご家族のみなさま、本当にありがとうございました。

このライブの模様は、ムコネットブログ「命耀ける毎日」各メンバーのブログでも紹介されています。
http://yaplog.jp/muconet/archive/634
http://yaplog.jp/muconet/archive/636

ムコネットブログ「オレンジの波」での実況はこちら
http://muconet.jugem.jp/?eid=2674

NPO法人ムコ多糖症支援ネットワーク