松本剛明の家族構成(妻子供)と学歴(高校大学)を調査!高祖父は伊藤博文!?

人物

岸田政権の総務大臣を務めていた寺田稔(てらだみのる)さんが遂に更迭されました。お金を巡る問題はかなり尾を引きますよね。

そして寺田さんの代わりに総務大臣に抜擢されたのが、今回ご紹介する松本剛明(まつもとたけあき)さんです。

この松本剛明さんですが、調べてみたら実はかなりとんでもない方だったのです。それが分かる家族構成(祖父・親・兄弟など)の情報ととももに、松本剛明さんは何歳でどんなプロフィールの持ち主なのか。また、どんな経歴でどこの大学・高校を卒業した学歴があるのかといった政治家の本質部分についても調査をしました。

松本剛明の家族構成!妻と子供は何人いる?

松本剛明さんは妻1人、子供(恐らく1人)ということで、本人を含めた家族構成は3人であると思われます。

続柄情報備考
本人松本剛明
松本孝子吉浜照治の長女・東大同級生
子供いる性別は調査中・おそらく1人

ご家族について調査をしてみましたが、なんと妻である奥様(松本孝子)は神奈川県議の吉浜照治さんの長女にあたります。更には、松本剛明と東京大学時代の同級生で、奥様は経済学部にいらしたようです。

また子供に関しては、松本剛明さんので次のようにつぶやいています。

松本剛明さんの子供は保育園に通っていたようですね。「パパの会」という言葉がなんだか少し癒されます。このツイートが11年前ですから、2022年の現在はもう成人されているのかもしれませんね。

松本剛明の家系図から分かる高祖父はなんと伊藤博文!

松本剛明さんの高祖父(祖母の祖父)にあたるのは、なん明治政府の要職を歴任した「伊藤博文」さん。

つまりは伊藤博さん文の玄孫(やしゃご)にあたるのが、松本剛明さんというわけなのです。そのため当然家系図はとんでもないものになっています。調査してみた結果がこちらです。

続柄情報備考
本人松本剛明
松本孝子吉浜照治の長女・東大同級生
子供いる性別は調査中
父親松本十郎元防衛庁長官
母親松本悦子
祖父(母方)藤井啓之助元外務官僚
従兄藤﨑一郎駐米大使
松本玲子夫:寺内肇(財務官僚)

まず松本剛明さんの父親は「松本十郎」さんで、元防衛庁長官を務めていました。

母親である松本悦子さん方の祖父もまた、元外務官僚である藤井啓之助さん。

そして自身の従兄である藤﨑一郎さんは駐米大使に、妹である松本玲子さんは夫に、財務官僚である寺内肇さんをむかえています。

まさにこの松本家の家系は、政治活動ありきのサラブレッドたちであることが分かります。

つまり松本剛明さんはこの世に生誕したときから、政治家として生きる運命だったというわけですね。

松本剛明の学歴(大学・高校・中学)と学校偏差値は?

さてそんな松本剛明さんですが、一体どのような学歴の持ち主なのでしょうか。時系列にて一覧で表にまとめると次のような学校を卒業していることが分かります。

学校出身校
小学校神戸市立北野小学校
現:神戸市立こうべ小学校
中学武蔵中学校
高校武蔵高等学校
大学東京大学法学部

出身高校以降の偏差値情報などを詳しく見ていきましょう。

出身高校:武蔵高等学校の偏差情報

武蔵高校(東京都)の情報(偏差値・口コミなど) | みんなの高校情報

2022年現在、中高一貫の進学校である「武蔵高等学校」。偏差値などの基本情報がこちらになります。

高校名武蔵高等学校
住所東京都練馬区豊玉上1-26-1
電話03-5984-3741
設立1922年
偏差値64(2022年現在)

この「武蔵高等学校」の偏差値は「64」。中学からの付属とはいえ、かなり勉学に力を入れている学校であることが分かります。

この高校出身の政治家を調べてみました。

武蔵高等学校出身の政治家

永井道雄(教育社会学者・元文部大臣)
下条進一郎(元厚生大臣)
宮澤喜一(元総理大臣)
宮澤弘(元法務大臣)
黒金泰美(元内閣官房長官)
斉藤斗志二(元防衛庁長官)
中西健治(参議院議員)

武蔵高等学校の卒業生は、それはそれは名を馳せた方ばかりですね。やはり、高校内にも政治を意識させる風潮があるのでしょうか。政治家を志す生徒も少なくないようです。

出身大学:東京大学法学部の偏差情報

エリートな中学・高校時代を過ごした松本剛明さんは、東京大学法学部に入学します。

大学名東京大学
学部学科法学部
住所東京都文京区本郷7-3-1
電話03-3812-2111
偏差値67.5~74.0

松本剛明さんはこの最高峰の大学で勉学に励みます。

政治家を目指す方のためにあるといても過言ではない、東京大学の法学部。大学生時代も松本青年は勉強に邁進されていたのでしょうね。

松本剛明の政治家としての経歴

そんな松本剛明さんですが、政治家としての経歴はどのようなものだったのでしょうか。以下に略歴をまとめてみました。

松本剛明の政治家としての経歴

平成元(1989)年8月松本十郎国務大臣防衛庁長官秘書官
平成12(2000)年6月衆議院議員初当選
平成17(2005)年9月旧民主党政策調査会長
平成21(2009)年9月衆議院議院運営委員長
平成23(2011)年3月外務大臣
平成27(2015)年11月無所属
平成29(2017)年9月自由民主党入党
平成29(2017)年10月衆議院議員7期目当選
平成29(2017)年11月志公会(麻生派)入会
令和元年(2019)年10月衆議院外務委員長
令和2年(2020)年現在衆議院内閣委員会筆頭理事
自由民主党
  税制調査会幹事
  デジタル社会推進本部副本部長
  行政改革推進本部長代行
  外交調査会幹事長
  情報通信戦略調査会副会長
  教育再生調査会幹事長
  金融調査会副会長
海事振興連盟副会長

こうして確認してみると、政治家として間違いのないステップアップを実現されてきた方であることがわかります。これまでのキャリアを活かして大きく活躍される方であることでしょう。

松本剛明のプロフィール

最後に松本剛明さんのプロフィールをまとめてみました。

名前松本剛明
よみまつもとたけあき
生年月日1959年4月25日
年齢63歳(2022年現在)
出身東京都
小学校神戸市立北野小学校
現:神戸市立こうべ小学校
中学武蔵中学校
高校武蔵高等学校
大学東京大学法学部
政党自民党
選挙区兵庫11区
前職日本興業銀行従業員
防衛庁長官秘書官
称号法学士(東京大学)

2022年現在で63歳になる松本剛明さん。まだまだこれからの活躍が期待できる人物です。

家系の凄さにも感服しましたが、これからも政治活動で自身も大きく名を馳せることが出来るか、その後の動きに注目していきましょう。

まとめ

寺田稔さんの後任として総務大臣に任命された松本剛明さんについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

伊藤博文の末裔であることには正直驚きでしたが、こうした政治色一色の方がどのような政治を繰り広げていくのか、良い面も悪い面もこれからの動き次第というわけですね。

実績としては十分の松本剛明さん。今後の動きに注視していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました